豪邸

外壁塗装を依頼すべき業者の選び方

植物でできた家

外壁塗装を塗装業者へと頼むのであれば、見積り書の内訳が、事細かに記入されている所を積極的に選択して行くようにして下さい。例えば、『シリコン中塗り:○○平米=○○○円』などと、平米計算により、見積りされているタイプには、必ず注意しておいて下さい。塗料自体が一体どれほど利用されていて、尚且つ塗装工事金額がどの程度なのか、はっきりと書き記している所こそが、優良な塗装会社だと言えます。更に使用する塗料の製品名称や、製造メーカーなどが、詳しく書き込まれていれば、絶対に信用する事が出来る、安全な塗装業者だと言えるでしょう。
まず、請け負い契約書が、しっかりと交わされている業者を選びましょう。外壁塗装工事の契約には、簡単な口約束などは、まずやってはなりません。請け負い契約書を確実に発行して、ちゃんと渡してくれる塗装業者でないのなら、絶対に信頼出来ないと言っても、決して大袈裟ではないでしょう。
また、3度塗りをきちんとやってくれるかどうかを確認しましょう。外壁塗装が行われている最中には、『塗り作業』が何度やられているのか、じっくりと確認しておくようにします。良心的な塗装業者だと、下塗り⇒中塗り⇒上塗りなどである、3回の『塗り作業』が、必ず実行へと移されます。ですので、もし2回で終わっているよう所は、まさしく悪質塗装会社である為、充分に目を向けて行くようにして下さい。

外壁塗装をするのに適している季節

外壁塗装をする時に業者選びや色選びが重要なのですが、外壁塗装をする時期も重要になってきます。一般的には築10年を経過したら外壁塗装をする時期と言われていますが、築年数だけではなく外壁塗装をするのに適した季節を選ぶという事も大切になってきます。そのため外壁塗装をするのに適した季節はどの時期なのかを見ていきましょう。
外壁塗装をする時に影響してしまうのが気温と湿度です。まず気温が高過ぎてしまうと塗装した後にすぐ表面に泡が生じてしまいます。逆に気温が低すぎてしまうと塗料の乾燥が遅くなってしまいます。そのため暑すぎても寒すぎても外壁塗装をする時に悪影響が出てしまいます。また湿度が高すぎるても塗料の乾燥が遅くなってしまうので外壁塗装をするのに適していません。この条件を見ると気温と湿度の両方が高い夏と気温が低い冬は外壁塗装をするのに適していない事が分かります。
次に雨の量にも気を遣っていく必要があります。雨の量が多いと外壁塗装の作業もなかなか進んでいきません。そのため雨が多い時期はなるべく避けた方がいいでしょう。一般的に雨が多い時期は春から梅雨の時期と秋です。そのため春と秋も外壁塗装に適していない事になってしまいますが、秋の場合は雨が多いのは9月で10月になると晴天の日が多い傾向があります。それに10月は気温、湿度ともに普通ぐらいなので10月が一番適していると言えるでしょう。

外壁塗装はどの会社にお願いしたら良い?

現在全国各地には、星の数ほどの塗装業者などが存在しています。この中では、様々なアイデアなどにより、問題なく経営されている、優秀な塗装会社などが数多く実在しております。但し中には違法な営業方針により、平然と工事を施している、悪質塗装業者の姿などが、僅かに存在しているのが、現状であったりします。そこでここでは、悪質塗装会社を正確に見極めて行く為に、重要なる秘策ついて、詳しく説明するので、宜しければ参考にでも覚えておいて下さい。
まず、外壁塗装費用を妙に安売りして来る塗装業者には要注意して下さい。外壁塗装作業料金が、格安に設定されているのは、依頼者からして見れば、とても魅力的な点であったりします。 しかし明確な理由などが全く分からない安売りや、割り引きなどは、大きなリスクなどが潜んでいるのだと、絶対に受け止めておいた方が良いでしょう。何故かと言うと、工事料金が安い原因が、明らかに不明瞭なものだと、大変安い金額によって、取引先の下請け会社へと、工事を頼んでいる、確率などが圧倒的に高いからなんです。下請け業者の中で、極めて安い工事費用で請け負ってくれる所だったりすると、外壁塗装作業の技術を一切習得していない、中途半端な職人ばかりが働いている、実力不足の塗装会社へと当たってしまう危険性が、かなり大きくなってしまうからです。

外壁塗装を浜松市でするならここ【浜名湖ホームサービス】がイチオシです。見積もりからアフターフォローまで真心のこもった対応をしてくれますので、信頼できますよ。浜松市で40年の実績がある会社で安心して任せることができるので、先ずは問い合わせてみてください。