豪邸

ツタが生えている家の外壁塗装

握手

植物の成長は早く、気づくとツタが壁を這っていたということもあります。外壁塗装をする際に、ツタが生えてしまっていると予定金額よりも値段が高くなる可能性があります。ツタには根があります。ツタを撤去するには、広がったツタの葉などを取り除き、なおかつ、壁の奥深くまで入りこんだ根も取り除かないと再度生えてきて、上に塗られた塗装を剥がしてしまいます。根の撤去にはガスバーナーを使って焼き切ったり、壁面を削ったりします。ツタが外壁塗装で一番の厄介者です。
まず、ツタを茂らせないように、ツタが生えそうな場所を見つけたらすぐに撤去するようにしましょう。すでに生えてる場合は、業者に頼んで撤去することになります。ツタの根本の部分を切ると枯れてくるので、作業スピードをあげるためにも枯らせてしまうと良いでしょう。ツタに覆われた家は夏は涼しく、冬は温かいと、メリットを聞いたことがあるかもしれませんが、手入れをするのが大変だったり、虫が増えたり、家が傷んだりとデメリットも多くあります。海外の煉瓦でできた家などには向くようですが、日本の一般的な木造建築には向きません。外壁塗装をして綺麗になったら、ツタがつかないよう注意が必要です。